NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを下のサイトに提供しています>

スパルタ英会話

ワンランク上の英語表現集

レストラン

レストランの英語 1

Do you know any good restaurants at reasonable prices?

手頃な値段のレストランを知っていますか。

値段が手頃であることは"reasonable"のほかに、"affordable"という形容詞でも表すことができます。

The shop sells good quality clothes at affordable prices.
(あの店は良質な衣類を手頃な値段で売っている)

I'd like to make a reservation for two for seven o'clock tonight.

今夜7時に2名で予約をお願いします。

レストランの予約をするときは、"make a reservation"のほかに、"reserve [book] a table"というフレーズを使うこともあります。

あることを特定の日時にアレンジするときに、その日時は"for"を使って表します。ただし、時刻を表す"at"を用いて"at seven o'clock"としてもかまいません。

I've made an appointment with the dentist for three next Friday.
(歯科医に今度の金曜日の3時に予約をした)

I'm calling to confirm my 7 o'clock reservation.

7時の予約を確認しようと思って電話しました。

予約を「取り消す」ことを表す動詞は"cancel"ですが、「確認する」ことは"confirm"と言います。

I'd like to confirm my reservation, made through Hotel.com, for the 23rd.
(Hotel.comを通して予約した23日の確認をしたいのですが)

Is formal dress required?

正装で行く必要がありますか。

予約時にドレスコードの確認をする際に使える例文です。

もっと具体的に聞くこともできます。例えば、男性なら上着とネクタイの着用について聞いてみましょう。
Do I need to wear a coat [jacket] and tie?

I have a reservation under Tanaka at seven.

田中の名前で7時に予約を入れています。

予約をする際の名前は、特定の名前を使って何かをすることを表す"under"に続けて言うことができます。

「…の名義で」という意味の"in the name of ..."を使うこともできます。

I've reserved [booked] a table in the name of Tanaka.
(田中の名前で予約を入れています)

なお、"at seven"のところは、アレンジした日時を表す"for"でもかません。

We have a reservation for seven o'clock.
(7時に予約を入れています)

How long before we are seated?

座れるまでどれくらいかかりますか。

待ち時間を確認する質問として、「サバイバルイングリッシュ」では
How long is the wait?
という例文を紹介しました。

ちなみに、"how long"の代わりに"what"を用いて"What's the wait?"としても、「待ち時間はどれくらいですか」という意味になります。

ここでは、"seat"を「人を座席に座らせる」「客を席に案内する」という意味の動詞として使っています。

Please be seated.
(ご着席ください)
*"sit down"よりも丁寧な言い方。

Please wait to be seated.
(お席にご案内するまでお待ちください)
*レストランなどの入り口の掲示。

What's really good here?

おすすめは何ですか。

「サバイバルイングリッシュ」ではおすすめを尋ねる例文として
What would you recommend?
What's today's special?
What's your specialty?
を紹介しましたが、ここでは「このお店では何がおいしいですか」と聞いています。

Make mine black.

コーヒーをブラックにしてください。

コーヒーを注文する際に使える例文で、"mine"は"my coffee"の代わりです。ここでの"make"は<make+O+C>(OをCにする)の文型で使われているので、"Make mine ..."は「私のものを…にしてください」という意味。

例えば、アイスクリームの味について
Make mine chocolate.
同席者と同じものを注文するには
Make mine the same.
と言います。

ちなみに、"black coffee"はミルクが入っていないものを指すので、ミルクも砂糖もいらないときは次のようにいいます。
Black coffee, no sugar, please.

Do you have any dairy-free options? I'm allergic to milk.

乳製品を使っていないものはありますか。牛乳アレルギーがあるので。

ある特定のものを含まないことを表すには"-free"を使います。例えば、「無脂肪ヨーグルト」は"fat-free yoghurt"と言います。

"free from"という言い方もあります。
Our products are all free from artificial colorings and flavorings.
(当社の製品は人工着色料ならびに人工香味料を使用しておりません)

アレルギーがあることは<be allergic to>や<have an allergy to>で表すことができます。
I have an allergy to wheat.

Would it be possible to have something other than chicken for the main course?

メインコースのチキンの代わりに別なものをいただくことはできますか。

"other than"で「…以外の、…とは別の」という意味。

「…ではなく」「…の代わりに」という意味の"instead of"を使うこともできます。
Could I have coleslaw instead of French fries?
(フライドポテトの代わりにコールスローをいただけますか)

Can I have an extra-large portion?

大盛にしていただけますか。

料理の一人分は"portion"や"serving"と言います。

"extra-large"は"larger than usual"という意味です。"large(r) serving"や"extra portion"などでも構いません。

Excuse me for a moment.

ちょっと失礼。

食事中に中座したいときに使える例文です。ここでの"excuse"は「人に退出を許す」という意味。次のように言うこともできます。
May I excuse myself?
May I be excused?

What happened to my order?
Why is my food taking so long?

注文した料理がまだなんですけど。

"happen to ..."は「…に降りかかる、…に起こる」という意味なので、一文目は「私が注文したものはどうなりましたか」というのが直訳。

二文目の"take"は「時間を要する、時間がかかる」という意味なので、直訳すると「どうして私の料理はこんなに時間がかかっているのですか」。

<take+人+時間>の文型を用いた次の例文もよく使います。
What is taking you so long?
(なぜこんなに時間がかかっているのですか)
What took you so long?
(なぜこんなに時間がかかったのですか)

  • 随時更新中!
|© 2018 スパルタ英会話|

NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを上のサイトに提供しています>