NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを下のサイトに提供していますが、内容はNCCと関係ありません>

紛失・盗難

トラブルの英語・英会話

紛失・盗難

ネイティブ音声 YouTubeへのリンク

旅先でトラブルに巻き込まれる―あまり想像したくはないことですが、万一の備えはしておきたいものです。

紛失

海外を旅行中に紛失しやすいものには、パスポート、現金、トラベラーズチェック、クレジットカード、航空券、荷物などがあります。

I lost my passport.
パスポートをなくしました。

パスポートを紛失したり、盗難にあった場合はすぐに現地の日本大使館で手続きします。
Where is the Japanese embassy? - 日本大使館はどこですか。

無効手続きをとる

クレジットカードを紛失した場合の対処法は国内のときと同じです。すぐにカード会社に連絡して無効手続きをとります。

Please cancel my credit card immediately.
すぐに私のカードを無効にしてください。

クレジットカードを無効にしてもらうときには cancel を使います。

my credit card の代わりに my card number と言うこともできます。

再発行手続きをとる

トラベラーズチェック(traveler's checks)を紛失したら、緊急連絡先に電話して最寄りの発行機関で再発行してもらいます。

Can I have them reissued?
再発行していただけますか。

各種証書や通貨などを「発行する」ことは issue と言うので、「再発行する」は reissue です。

「しかるべき人に頼んで何かをしてもらう」ことは have something+過去分詞 のパターンを使って表せます。例えば「髪を切ってもらう」は have your hair cut、「車を修理してもらう」は have your car repaired と言えます。

盗難-1

I had my wallet stolen.
財布を盗まれました。

have something+過去分詞 のパターンは「被害に遭う」ことも表せます。したがって「ハンドバックをひったくられる」は have your purse snatched と言えます。

このパターンを使わないで、次のように言ってもOKです。
My wallet was stolen.
Someone stole my wallet.

なお、take を steal と同じ意味で使うこともできます。
Someone's taken my wallet. - 財布を盗まれました。

「財布」は purse もありますが、これは女性ものの「ハンドバッグ」を指すことも多いので、「財布」であることをはっきりさせるには wallet を使う方がいいでしょう。

盗難-2

I had my pocket picked on the train.
電車でスリにあいました。

「人にスリを働く」ことを pick someone's pocket と言います。これを have something+過去分詞 のパターンに当てはめると上の例のようになります。

これについても、次のように言ってもOKです。
My pocket was picked.
Someone picked my pocket.

ちなみに、「スリを働く人」は pickpocket と言います。

盗難届を出す

パスポートなどを紛失したり、盗難にあった場合は、まず現地の警察署へ行き、「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらいます。再発行や保険請求の際に必要となるためです。

I'd like to report a theft.
盗難届を出したいのですが。

警察などに事故や事件を「届け出る」ときは report を使います。

theft report を使って次のように言うこともできます。
Could you make out a theft report? - 盗難証明書を書いていただけますか。

★窃盗・強盗のいろいろ
<注>「行為 - 人」の順に記載
「窃盗」theft - thief
「強盗」robbery - robber
「路上強盗」mugging - mugger
「押し込み強盗」burglary - burglar

警察を呼んでもらう

Please call the police.
警察を呼んでください。

「人に電話をして来るように言う」ときは call を使います。
Please call an ambulance. - 救急車を呼んでください。

助けを求める

Stop, thief!
どろぼうだ(捕まえてくれ)。

次のような言い方もあります。
Somebody, catch him! - 誰か、あいつを捕まえてくれ。

助けを求める言い方は他に次のようなものがあります。
Fire! - 火事だ!
Help! / Help me! / Somebody, help me! - 助けて!

このページのトップへ



NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを上のサイトに提供していますが、内容はNCCと関係ありません>