NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを下のサイトに提供していますが、内容はNCCと関係ありません>

ホテル

ホテルでの英語・英会話 1

予約 - チェックイン - 滞在 - チェックアウト

ネイティブ音声 YouTubeへのリンク

予約

最近ではオンライン予約が一般的ですが、ここでは電話予約に必要な表現をいくつか紹介します。

空室状況の問い合わせ

Do you have a room available on August 5?
8月5日に空室はありますか。

「空室」は「使用[利用]できる部屋」なので available を使って表せます。available は-vail-のところを強く発音します。

ずばり「空き部屋」を意味する vacancy を使うと次のようになります。
Do you have any vacancies on August 5?

客室料金の問い合わせ

How much is it per night?
1泊いくらですか。

「1泊につき」は per night の他に a night や for one night でもOKです。per を使った場合は night の前に a や one が付かないので注意。

客室料金は room rate を使って次のように尋ねることもできます。
What are your room rates? - お部屋の料金はいくらですか。

料金の詳細を尋ねる

料金に関する誤解はトラブルに発展する可能性があります。金額だけでなく、税金やサービス料、朝食が料金に含まれるのかどうかも確認しておきましょう。

Is breakfast included?
朝食はついていますか。

「料金に朝食が含まれるのかどうか」を尋ねるには include を使います。include は-clude のところを強く発音するので注意。能動態にすると次のようになります。
Does that include breakfast?

予約を依頼する

I'd like to make a reservation.
予約をしたいのですが。

「予約をする」は reservebook という動詞を使ったり、make a reservationmake a booking というフレーズを使って表します。reserve は-serve、reservation は-va-を強く発音します。

たとえば「8月5日に部屋の予約をしたいのですが」というには次のように言います。
I'd like to make a reservation for August 5.
I'd like to reserve a room on August 5.

★日付の前には通常、2例目のように on がきますが、1例目は「8月5日分の予約」と考えて for を使っています。

泊数を伝える

I'm staying for two nights.
2泊します。

よく見慣れた be -ing の形はある特定の時点で起こっている出来事を表します。したがって、「ある時点」が未来である場合には「予定」や「計画」を表すことができるのです。
★「期間」を表す表現の中の for は省略できるので I'm staying two nights. でもOKです。

客室の利用時間を確認する

念のために、チェックインの開始時刻とチェックアウトの終了時刻を確認しておきましょう。

What time is check-in and check-out?
チェックインとチェックアウトの時刻は何時ですか。

正確には、「チェックイン開始時刻」は check-in time、「チェックアウト終了時刻」は check-out time と言います。

チェックイン

ホテルの正面玄関にはホテルの「顔」とも言うべきドアマンが立っていて、出入りする数多くのゲストに Good afternoon [morning, evening]! と声をかけます。ドアを開けてもらったお礼も込めて Good afternoon. Thank you. と一言あいさつを返しましょう。

フロントを探す

初めて利用するホテルではどこに何があるのか分からないのが当たり前。近くにいるホテルスタッフに思い切って声をかけましょう。

Excuse me. Where's the front desk?
すみません。フロントはどこですか。

ホテルの受付を日本語では単に「フロント」と言いますが、英語では front desk または reception (desk) と言います。フロント係は front desk clerk または receptionist です。reception も receptionist も-cep-のところを強く発音します。

館内施設のある場所を尋ねるときは Where's the ...? のパターンが使えます。
Where's the swimming pool? - プールはどこですか。

もし施設を表す英語が分らなければ Where can I ...? のパターンを使って尋ねましょう。
Where can I have breakfast? - 朝食はどこでとれますか。

荷物を預ける

チェックインタイムは通常、午後3時。それよりも早くホテルに到着した場合、部屋の準備ができていれば、追加料金なしでチェックインさせてもらえることもあります。そうでなければ、荷物を預けて外に出かけたいですね。

Could you keep my baggage until the check-in time?
チェックインの時間まで荷物を預かっていただけますか。

ホテルがゲストから物を「預かる」は keep、ゲストが「預ける」は leave を使います。

旅行の際には bag や suitcase などを持って行きますが、これらをひとまとめにして「手荷物」というときに使うのが baggage または luggage です。bag や suitcase などとは違って、いずれも a をつけたり、複数形にしたりできないので注意。

チェックアウト後に荷物をポーターに預ける場合にも同じように言います。
Could you keep my luggage here?
Can I leave my baggage here?

チェックインを告げる

I'd like to check in, please.
チェックインしたいのですが。

フロント係の方から先に切り出してくるかもしれません。
Are you checking in? - チェックインですか。

予約してあることを伝える

I have a reservation.
予約してあります。

次のように言ってもいいでしょう。
I made a reservation online. - ネットで予約を入れています。

あるいは、フロント係の方から次のように聞いてくるかもしれません。
Do you have a reservation? - 予約なさっていますか。

このあとのやりとりで重要なのはフロント係の英語をしっかりと聞き取ること。

Could I have your name, please? - お名前をいただけますか。

Could you spell that, please? - つづりをおっしゃっていただけますか。
★英語の spell は日本語とは異なり「つづる」という意味の動詞です。

Could you fill out this form, please? - こちらの用紙にご記入ください。
★ここでの「用紙」とは「宿泊者カード」のことです。

May I have your credit card, please? - クレジットカードをお預かりしてもよろしいですか。
May I take an imprint of your credit card? - クレジットカードの写しを取らせていただけますか。

予約確認証を見せる

日本から予約していくときは予約確認証を持って行くことを忘れずに。

Here is my confirmation slip.
これが予約確認証です。

「予約確認証」は confirmation slip と言います。confirmation は-ma-を強く発音します。代わりに、「予約確認番号」を意味する confirmation number を使うこともできます。

部屋タイプの変更を依頼する

チェックインの最中に部屋のタイプを変更したいと思うこともありますね。

Excuse me. Could I have a double room, please?
すみません。お部屋をダブルにしていただけますか。

グループ旅行の場合には次のようなリクエストも。
Could I have two adjoining rooms, please? - 2つの部屋を隣同士にしていただけますか。
★adjoining は「隣接している」状態を表す語です。 adjacent という語を使うこともできます。

このページのトップへ



NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを上のサイトに提供していますが、内容はNCCと関係ありません>