NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを下のサイトに提供しています>

部屋探し

部屋探しの英語・英会話 1

姉妹サイト
ワンランク上の英語表現集
「スパルタ英会話」

新生活への期待に胸膨らむ部屋探しも、大変な時間と労力のかかるストレスの多い経験になることがあります。

ここで役立つ英語表現をしっかり身につけて、留学や転勤で英語圏に長期滞在の際の住居探しに備えておきましょう!

物件情報は日本と同様、インターネットの他に、新聞や現地発行のフリーペーパーなどから探すのが一般的です。

新聞や雑誌などで、求人・求職・貸家[間]など項目別に分類した小広告を classified (ad) と言います。アメリカ英語では want ad、イギリス英語では small ad という言い方も。

不動産広告の略語の例

  • apt avail = apartment available: 入居可能なアパート
  • a/c = air conditioned: エアコン付き
  • agt = agent: 業者経由
  • ALL MOD CONS = all modern conveniences: 全完備
    *ここでの convenience は「便利な設備」という意味.
  • avail = available: 空いている
  • BA, bthrm = bathroom: 浴室
  • bdm, BR = bedroom: 寝室
  • d/w = dishwasher: 皿洗い機付き
  • DR = dining room: 食堂
  • drmn = doorman: ドアマン付き
  • E/W expos = east and west exposures: 部屋の東と西の両側から日光が入る
    * 他に"S/E/W expos"の例も.ここでの exposure は「建物や部屋などの向き」という意味.
    My bedroom has a northern exposure [= faces north].
    = 私の寝室は北向きだ.
  • elev = elevator: エレベーター
  • ens = en suite [ensuite]: バスルーム付き
    * en suite は「一続きの」という意味で、イギリス英語."an en suite bathrom"は「寝室と一続きのバスルーム」、"an en suite bedroom"は「バスルーム付き寝室」.
  • exc = excellent: 優良
  • EXCL = exclusive: …は別
  • exps = expenses: 光熱費と雑費
  • f/furn = fully furnished: 家具が一通りそろっている
    *単に"furn"や"furnd"は「家具付き」.
  • fpl = fireplace: 暖炉付き
  • gar, garg [grg] = garage: ガレージ
  • GCH = gas central heating: ガス暖房
  • G/F = ground floor: 1階
  • grdn = garden: 庭
  • imm.occ = immediate occupancy: 即時入居可
    * ここでの occupancy は「建物や部屋などへの入居」という意味."occupancy rate"と言えば「ホテルなどの稼働率」「マンションやオフィスなどの入居率」のこと.
  • ncl, INCL= included, inclusive: …を含む
  • lg, lge = large: 大き目
  • loc = location: 場所、環境
  • lux = luxurious: 豪華な
  • M/F = male or female: 男性、女性を問わず
  • mo = month: 1ヶ月
  • MW = microwave: 電子レンジ
  • n/s, N/S = non-smoker, non-smoking: タバコを吸わない人希望
  • neg = negotiable: 交渉可能
  • nr = near: 近い
  • PCM = per calendar month: カレンダーマンス
    * これは書き言葉で、毎月支払う賃貸料を記すときに使います。
    <参考>イギリスでは、家賃は物件によって週単位(pw = per week)か月単位(pcm)で表示されます。ここで気をつけなければならないのは、「月の家賃=週の家賃×4」ではないということ。一年は52週あるので、「週の家賃×52÷12」というのが月の家賃を正確に出す計算方法です。例えば、£100pw の場合は約£433pcm になります。物件選びの際はご注意を。
  • prof = professional: 社会人
  • pwr = power: 電気代
  • renov = renovated: 改装[改修]された
  • sbwy = subway: 地下鉄
  • sec =security: 防犯装置、デポジット
  • sep = separate: 別々
  • Shr = share: 共同
  • SPAC = spacious: 広い
  • unfurn, unf = unfurnished: 家具が付いていない
  • util = utility: 電気・ガス・水道代
  • utls pd = utilities paid: 光熱費込み
  • W/D = washer and dryer: 洗濯機・乾燥機付き

ここで、基本語句をいくつか確認しておきましょう。

まず、「不動産」は real estate または property、さらに real-estate property という言い方もあります。

「不動産業者」はアメリカ英語では real estate agent、イギリス英語では estate agent、また、アメリカ英語では商標の Realtor が普通名詞 realtor として使われます。

そして、「家主」「大家」は landlord、女性の場合は landlady、それに対し「賃借人」「借家人」は tenant と言います。

なお、「居住者」「住人」は resident、フォーマルな語としては occupant があります。

アパートとマンション

日本語では集合住宅を「アパート」や「マンション」と呼んでいますが、集合住宅の一世帯分、「一室」「一戸」を特にアメリカ英語では apartment、イギリス英語では通常 flat と言います。

また、建物全体はアメリカ英語で apartment building [house]、イギリス英語で apartment block または block of flats と言います。

アパートやマンションの1階の部屋は first[ground]-floor apartment、上階にあれば upstairs apartment、地下にあれば basement apartment、最上階にあれば penthouse apartment となります。

いわゆる「高層マンション」は high-rise apartment building [block]、または単に high rise と言います。

なお、apartment complex という言い方がありますが、これは複数の集合住宅、アパート群を指します。

居住者が所有している apartment や flat を condominium、くだけた言い方では condo と言い、いわゆる「分譲マンション」に相当します。

ちなみに、mansion は「大邸宅」を指します。ただし、イギリスでは"...... Mansions"の形でマンションやアパートの建物の名称に使います。少しややこしいですね。

次へ続く

このページのトップへ

「英会話百科」
英語を自在に使いこなすための
文型別例文集



NCC綜合英語学院

<NCC東京新宿本校のドメインを上のサイトに提供しています>